LEOMO Bellmare Racing Team所属の自転車選手才田直人のブログ☆
南魚沼2連戦

1日目18位。 2日目12位。

1日目

反省点は勝ち逃げが決まったタイミングで動ける状態にあったのに乗れなかったこと。 自分としてもチームとしてもこれはまずかった。

収穫は集団内でチームでまとまって走れて、コミュニケーションもしっかり取れたこと。

最終局面でもマサルの位置取りで裏の平坦と下りをこなして、マサル〜自分〜横塚の順で登りに入ってゴールを意識してチームで動けた。

最後はしっかり横塚が自分の後ろからもがいてチーム最高位の16位でゴール。

2日目

アップの段階で脚の重さはそこまでなく、しっかり回復できている印象。

スタート直後の登りで、有力選手がアタック。

マサルがこの動きに反応して集団から飛び出して行ったので自分は待機。距離も長いので後半勝負を意識。

残念ながらマサルは逃げに乗れなかったけれど、後手にならないように昨日の反省を活かしてのナイスチャレンジ。

ここからはマトリックスが主にコントロール。

昨日より早いペースで進むも、逃げがかなり強力。

3周目には逃げが3人になり、集団も徐々に人数を減らすが、逃げとの差は縮まるどころか広がる傾向。2分半くらい。

今日もチーム内でのコミュニケーションは取れていて、良い印象で距離を消化。途中で古田をパンクで失ってしまった。

ラスト4周あたりから逃げに送り込んでいないアンカーのコントロールに変わり更にペースアップ。

ラスト3周に入る登りでガツンとスピードが上がって、マサル、横塚を失いチームでは単騎に。

登り切りで自分も千切れかけるが平坦を踏んでなんとか復帰。

この時点で7人が前にいて、自分の集団(10人強)という状況。

ここからは着のかかった激しい展開。

右京やアンカー、シマノが複数いて、マトリックスはホセ選手が孤立、ニールプライドもロイック選手が孤立。

完全な数的不利で前に仲間も行っていない状況。

とにかく後手にならないように、変な牽制に巻き込まれないように、ローテを回りながらアタックに前々で反応。

必死に立ち回っていたら、やはり牽制などの影響で6人に絞られる。

アンカー3人(西園選手、井上選手、内間選手)、ホセ選手、ジョン選手、自分。

綺麗にローテが回り始めて最後の登りへ。

井上選手のアタックについていけず、自分の登りきれる最速のペースで坂をこなすも切れたのはホセ選手のみで、残りの選手にスプリントで捲られて12位。

TOP10のチャンスだったので残念ではあるけれど、大きなミスもなく最後まで出し切っての結果なので、自分としては満足のいくレースだった。

勝利に絡むにはもう一歩の位置での展開だったが、久々に脚がなくなってきている中でのメンタル勝負のような立ち回りでレースを楽しめた。

チームとしては2日目くらいの強度と距離のレースでも1日目の組織的な動きができるようになることが次へのステップ。

チームの今季最終戦だったが今の自分たちができること、できないことが明確になる来季に向けて収穫の大きい2連戦だった。





写真:maruさん

チームとしてレース後にこうやって反省会できるようになってきたのが、大きな成長。

レース comments(2)
スポンサーサイト

- -
Comment
鉄哉の姉です。
ジャパンカップ、優勝おめでとうございます!!
今年は赤ちゃんがいて、応援に行けなかったけど、会場で一緒に喜びたかったです。むりやり行けばよかったな〜。


From.てつやの姉 2016/10/22 2:28 PM


>てつやの姉さん
ありがとうございます!
鉄哉くんから連絡もらいましたよ!
毎年お手製の旗を持っての応援、本当に力になっていました!
今回はタイミングが悪い?優勝でしたが、次回があるように頑張りますね笑

From.saita 2016/10/24 2:22 PM











/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode




素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]