LEOMO Bellmare Racing Team所属の自転車選手才田直人のブログ☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
輪島ロード

今年実業団レースでは最も大事な全日本実業団@輪島。

 

14位。

 

 

40分ほどしっかりアップして、先頭に並ぶべく横塚と誰もいないスタート地点へ。

スタートから急勾配の登りなのでスタート位置はすごく大事。

 

昨年の反省から1周目でオールアウトする展開は避けて周りのメンバーを見ながら登りをこなす事を意識。

1周目の急勾配の登りと下りを終えて逃げ、第2集団(横塚)、第3集団(マサル、自分)。

第2集団と第3集団は差が近いのとメンバーを見ても合流は確実。

2周目に入る頃には集団1つ。狙い通り。

 

ここからは常に前が見えるところで。

アタックとブリッジが繰り返される安定しない展開で、少し後手になるも自分も勇気を持って集団から飛び出す。

後ろから来た西園選手らに置いていかれるも、さらに後ろから来たサルバ選手に付いて山頂クリア。 

4周目に入る頃には逃げ2人+追走20人強(自分)の状況。

 

ブリッツェンとアンカーのコントロールが入って、人数を減らしながら淡々と速いペースで進みラスト2周。

チームから単騎になっているので位置取りでどうしても後方に追いやられる。

登り始めからアタック、ペースアップがかかり脚的にも位置取りでも反応できずに頂上まで最速で登れるであろう自分のペースを意識。

垂れた選手を拾いながら10人弱の追走に入る。

前には10人ほどいるだろうか。

 

そのままラスト1周。

登りを長く活かすために早めにアタックして単独で山頂通過。

下りで畑中選手、入部選手に追いつかれて、下り後半のコーナーでビビったせいで少し離されて千切れる。

後ろから合流して来た山下選手にも2つ目の登り切りで千切られる。

ゴールまでは一人旅になり後ろに追いつかれないように最後まで出し切ってゴール。

 

14位。

 

 

周りの状況を見て、脚を使うべきところで使えたし、勇気を持って動けたとは思う。

ただ単純な力勝負で劣っていた事と、最後の下りでのミスは悔やまれる。

脚をできる限り回して登りをこなし後半に備えられた事、昨年と同じ失敗を繰り返さなかったことは良かった点。

レース全体の展開をイメージして走れたのも良かったかな。

その分もっとチャレンジできたかもという印象も残ってしまうけど。。

 

シーズン最終盤、疲労は感じつつも調子は良いので、メリハリをしっかり練習して来週の南魚沼も頑張ります!


レース comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode




素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]