LEOMO Bellmare Racing Team所属の自転車選手才田直人のブログ☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
62eme Grand Prix Cycliste Michel Lair a OCTEVILLE (50)
 

2012/4/29 dimanche

レース名:62eme Grand Prix Cycliste Michel Lair a OCTEVILLE (50)

カテゴリー:National 1-2

賞金:1220/20

天候:雨/

人数:約60

距離:21km×4t + 7.3km×(6t悪天候のため3tに変更)

結果:DNF

 

 登りの厳しいエリート。今年で3度目。大周回は去年から変更有。大周回、小周回ともにインナーを使う激坂区間を含む1kmくらいの登りがあり、登りきりからラスト1kmくらい平坦とだら登りをこなしてゴール。大周回は風の影響が大きく出るような吹きさらし。

 選手はエリートなのにかなり薄い。強豪があまり見当たらない。普通の第1カテゴリーのレースみたいな感じ。コースからいっても大チャンス。

 

 スタートからアタックがかかる。スタートアタックで抜け出した6人くらいを集団がインターバルをかけながら追う展開。スタートから5kmくらいの丘でアタックがかかり集団が伸びる。自分も流れに乗る。ここでロンポワンを左に回るコーナー。CHARLEVILLEの選手が雨にぬれた路面にビビって超スローペースで曲がる。自分の3人前くらいの選手。ここで中切れが起きて、このコーナーで横風になり、少しけん制が入ったこともあり差が開く。ペースが上がらないままゴール前の激坂区間に突入しプロトンは崩壊。集団は10人ほどに。逃げのほうが人数が多い状況では当然追いつけない。2周目の途中タイム差が2分半まで開いたところで実質レース終了。

 グルペットになり雨風で寒いので前でローテして回るが3周目から体が冷えきって震えてくる。ゴール前の激坂でインナーに入れたギアをアウターに戻せない。手がかじかんで指に力が入らなかった。その周回を終えてDNF

 

 今日のメンバーで逃げに乗れないのは問題あり。チャンスだっただけにかなり悔しい。その後も、いいかげん寒さに負けるレースをなんとかしたい。もっと防寒に気を使わないといけない。今日もレースで強度が上がれば大丈夫だろうと思ったのが甘かった。ジャージが濡れてしまってからは体温が奪われる一方でどうにもならなかった。完全防水のカッパやベストなど持っていないので購入しないと。必要な投資はしないとチャンスをどぶに捨てることになる。


レース comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode




素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]